ベンツの売れ行きにみる経済格差

ベンツがカローラよる売れているところがあるって本当?

メルセデスベンツとレクサスに見る高級車づくりの違い

レクサス

高級車づくりの難しさはステータス性を保ち続けることが出来るかという視点が大切だということにある。

そのためには、メーカーとして、単に商売に走るだけではいけない場合が往々にしてある。

損をし続けてもクルマ作りを行わなければならないことがある。

売れないからという理由でそのモデルの生産をやめることにより、それまでのユーザーを見捨てることにあたるのだ。


高級車メーカーとしての矜持


そのようなことで、ユーザーの不評や反感を買うことが高級車メーカーにおいてはは命取りになりかねない。

ダイムラーとメルセデスが合併してから90年足らずだが、この間に彼らは常に高級車づくりを心掛けてきた。

その車種揃えもスポーツカーとセダンを柱に、いくつかのジャンルに手を広げてきた。

しかし、これまでおのおののカテゴリーのクルマの生産を打ち切ったことはほとんどなかった。

いっぽう、レクサスは89年に北米市場向けに展開を始めたトヨタの高級ブランド。

日本でも05年から販売を開始している。

そのビジネス歴は10年足らずなので、歴史を語るほどのことはない。

しかしその短い歴史の中で、すでに生産を中止したり、後継モデルのない車種もあるのだ。

これではユーザーは信頼できない。

肝心の車両開発も、スタート直後はレクサスフィロソフィを教え込み、その哲学に沿った開発を行っていたが、近年トヨタの大衆車や商用車の開発を担当していた技術者がレクサスの開発をするなど、当初の意気込みや熱意が感じられない。

車両開発に関しては、メルセデスは、時に全く新しいカテゴリーを開拓するというチャレンジ精神を見せてくれる。

初代Aクラスや4ドアクーペのCLSなどがそれだ。

高級車だからといって保守的にならず、挑戦する姿勢に、世の中の高級車ファンはひかれる。

レクサスにその勢いがあるかというと、残念ながら否だ。

ハイブリッドは革命的だったが、次の一手がない。

それでは一発屋に終わってしまう。

挑戦する勇気と、粘り強く車種を育てていく忍耐、それがまだまだレクサスには欠けている。


世界最高のラグジュアリー~Sクラスのおもてなし


日本車は20世紀末のバブル期にさまざまな分野でヨーロッパ車に追いつき、ものによっては追い越しもした。

サスペンションもだいぶよくなっていたのだ。

ボディやシャシーなどの剛性アップを図るとともに、電子制御サスペンションやエアサスペンションも早いうちに採用し、気持ちいいハンドリングとしなやかな乗り心地をハイレベルに両立させている。

しかしながら、21世紀になってコスト重視の体質になると進化が鈍った。

その間にヨーロッパ勢が巻き返しを図り、形勢は逆転してしまったのだ。

基本性能を磨くとともに電子制御デバイスも積極的に採用するようになり、再び優位に立ったのである。

また、軽量化にも成功し、一気に突き放した。

なかでも凄いサスペンションに驚嘆したのが最新のメルセデスベンツSクラスだ。

ステレオカメラで進行方向の路面をスキャンし、路面状況を予測してサスペンションのダンピングを絶妙に制御するマジックボディコントロールの高い洗練度には本当に驚いた。

高級車にふさわしい最高級のコンフォートを目指したが、乗り心地は上質の極みといえるものである。

しかもワインディングロードをかっ飛んでもロングボディの大きさを感じさせない鮮やかな走行フィールだ。

スタビリティ能力は飛び抜けて高く、クルマ全体からゆとりとおもてなしの主張が感じられる。

すべてが余裕たっぷりなのでリラックスした気分で運転でき、後席の同乗者も快適だ。

口ングドライブでもくつろげる、間違いなく世界一の実力派だ。
 
日本車は水をあけられていると言えるだろう。

 

安全装備に力を入れる欧米車


名門と呼ばれる欧米の自動車メーカーは「安全」を第一に据えて設計し、いいと思ったものは積極的に採用する。

日本は安全装備という点において後追いばかりだ。

法規制されないと上級クラスだけ標準にし、廉価グレードはオプションにとどめてしまう。

エアバッグとABSは日本車がヨーロッパ車より早く採用したが、エアバッグは今でもほとんどのクルマが運転席と助手席だけにとどまっている。

ABSからトラクションコントロール、横滑り防止のトータル制御に至るまでの道のりも遠かった。

後方チェックのカメラやプリクラッシュブレーキも採用したのは早かったものの、普及するのに時間がかかり、アッという間に抜かれてしまっている。

安全装備をてんこ盛りして、乗り手に絶大な安心感を与えてくれるのはメルセデスベンツのSクラスだ。

エアバッグの数も多く、横滑り制御も絶妙な味付けである。

ブレーキには飛び出し検知や歩行者検知機能を盛り込み、後方からの衝突被害も軽減する警報システムまでも装備した。

特筆すべきは知能を備えた「インテリジェントドライブ」だ。

短距離と中距離のミリ波レーダーにステレオマルチパーパスカメラと後方用のマルチモードミリ波レーダーを組み合わせ、全方位の安全運転をバックアップする。

もちろん、前方の車線を認識し、ステアリングをアシストする機能も装備した。

さらに、この先にある自動運転に関しても積極的な取り組みを見せ、公道で実験も行っている(日本では法規制が厳しく技術を持っていても進まないというジレンマはある)。

安全性に関して、日本車はあくなき技術チャレンジを続けて、さらなる高みを目指してほしい。