ベンツの売れ行きにみる経済格差

ベンツがカローラよる売れているところがあるって本当?

ベンツのサービス

now browsing by category

 

最善か無か――メルセデスにこだわるわけ

Sクラス

94年には、C、E、S、SLとわずか4車種だったメルセデスも、現在は、コンパクトカーのAクラスやファミリータイプのRクラスなど17車種に拡充した。

それがプレミアム・ブランドというイメージを崩したという声も……。
 
実際、顧客の中には、ベンツ以外の車を求める客も増えてきた。
Read More

納車はセールスマンにとって最大のイベント

花束

セールスマンにとって、達成感をもてる瞬間は、商談成立のときかもしれない。

しかし、もっとも満ち足りる瞬間は、客に新車を届ける納車のときだという。

「営業という仕事において納車は一番のイベントであり、セレモニーです。
本来であれば、納車費用をいただいているのですから、メルセデスを搬送用のトラックに乗せて、お届けしたい。

なのに、実際はお客さまの財産を減らしながら走って来ているから、なんとも気がひけます。

ですからせめて、お客さまには、気持ち良くセレモニーに出ていただこうと思っているんです」
Read More

メルセデスならでは営業方法

歯科医

車のセールスといえば、一日に数十軒の家を訪れたり、何十件と電話をかけたり、というのが一般的なやり方。

いわゆる飛び込み営業である。

「メルセデスのセールスマンには、飛び込み営業は適していません。
″こんにちは、メルセデス、買いませんか?″と、突然セールスマンに家にこられたら、それはそれで逆に怪しいものです」
Read More

サプライズをどれくらい出せるかがサービスの基本

サービス2

客の期待以上のものを提示する――サービスの本質とは、そうであるべきだ。

客にとってサプライズというのは、その人が思い描いていることを、少しでも超えたものを提供したときに、満足してもらえたかどうかにかかってくる。 

そんなサービスについてベンツのセールスマンはこう語る。
Read More

ベンツのセールスマンに見るサービスの神髄

応接セット

「”走れば、それでいい”というお客さまはメルセデスを買いません。

国産車の10台分の値がするメルセデスを買うということは、ある意味、そのプラスアルファの満足を買うわけです。

売るほうとしては、いかに、それに足る上質さを提供できるかだと思うのです」

と言うベンツのディーラーは、客との信頼関係を築くために、どんな感覚で仕事をしているのだろう。
Read More